So-net無料ブログ作成

佐賀県知事に要望・質問書を提出

26849976_1559907117421544_1798547213090834449_o.jpg本日,さよなら原発佐賀連絡会は,佐賀県の山口知事宛に要望・質問書を提出しました.県側からは,新エネ課の井手口氏,消防防災課の山崎氏,原子力安全対策課の平山氏が応対されました.

メディアは,名刺を受け取ったところでは,朝日,毎日,西日本の取材がありました.
 →佐賀新聞の報道
以下に要望・質問書の文書の内容を公開します.(豊島記.写真は山下明子さんのフェイスブックから拝借) PDFはこちら

---------------------------
           2018年1月18日

佐賀県知事 山口 祥義 様

              さよなら原発!佐賀連絡会
                  代表 豊島 耕一

玄海原発3、4号機再稼働容認の取り消しを求める要望・質問書

知事は昨年4月に玄海原発3、4号機の再稼働容認を表明されましたが、その後、神戸製鋼ほかのデータ改ざん問題が発生し、設備の信頼性が損なわれています。また昨年12月13日に広島高裁は伊方原発3号機の運転差し止めの仮処分決定を下しましたが、その理由は玄海原発にもそのまま当てはまります。このような新しい事実に照らしても、知事はこの問題を再考されるべきと考え、以下の通り要望と質問を致します。

要望 九州電力は玄海原発3、4号機の再稼働を3月と5月に予定していますが、現在、以下のように県民の同意も、再稼働しなければならない必要性も、再稼働した場合の県民が安全に暮らす権利の保障もないので、知事は玄海原発3、4号機の再稼働容認を取り消してください。

以下にその理由を挙げます。

続きを読む


nice!(0)