So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

原子力防災訓練に関する質問への県からの回答

1月31日と2月14日に佐賀県に提出していた質問への回答がありましたので、次にpdfのまま掲示します。
2019年1月31日付け「原子力防災訓練に関する質問の追加提出について」への回答について
http://ad9.org/blog/nuclear/y2019/kenkaitou190131d.pdf
2019年2月14日付け「原子力防災訓練に関する質問の追加提出について」への回答について
http://ad9.org/blog/nuclear/y2019/kenkaitou190214d.pdf

以下、テキストにしたものを追記します。

続きを読む


nice!(0) 

原子力防災訓練に関する質問の追加提出

去る2月14日に佐賀県に提出した,追加質問書を公開します.
----------
         2019年2月14日

佐賀県知事 山口 祥義 様

          さよなら原発!佐賀連絡会 代表 豊島 耕一

原子力防災訓練に関する質問の追加提出について

2月2日の原子力防災訓練は、お疲れ様でした。
重大事故時に国の原子力災害対策本部事務局を担当する内閣府のTV会議システムが訓練当日に停電で使えなかったことは、国の原子力災害対策本部が緊急事態に避難指示を出せない可能性を意味しています。これでは、県民は安全には避難できません。
避難計画が不十分のままでは再稼働は認められないと考えますが、知事はどうお考えですか。

【2月2日の原子力防災訓練(内閣府とのTV会議)についての要望と質問】
1. 内閣府とTV会議ができなかったことに関連して、情報伝達の各部署での非常用電源設備の有無を確認してください。
2. 国からの連絡が途絶えた場合の対応手順はどのように作成されていますか。

以下は、1月31日に提出した要求書に質問の補充を文書にしましたので、提出します。

【質問の補充】
ア. 訓練がわずか半日になった理由

イ. 携帯電話基地局、防災ラジオの非常用電源の有無と利用可能時間(要求書項目1)

ウ. SPEEDIの使用を国は禁止していないし拡散予測に必要なので、利用の再検討の有無とその理由。(同2)

エ. ヘリテレ伝送システムの台数とその所属、事故時に他用務との併用の有無。(同3)

オ. 放射性物質放出後の防護措置を判断するための基準OIL1の500マイクロシーベルト/時、OIL2の20マイクロシーベルト/時は高すぎるので、見直しの有無あるいは県独自の判断基準設定検討の有無とその理由。(同4)

カ. 県は30キロ圏外市町の訓練参加をどのように要請していますか。30キロ圏外の市町の住民への情報伝達訓練はどこまで行われていると把握していますか。30キロ圏内外で原子力災害対策本部を立ち上げる訓練をした市町がありますか。市町で避難誘導等を担当する人たちへの原子力防災に関する研修は行われていますか。また、防護服等は準備されていますか。(同5)

キ. 屋内退避で被爆する可能性があることを、明確に県民に知らせる必要性があると思いますか。30キロ圏外を含む詳細なモニタリングは実際にはどのように行われますか。ホットスポット等の測定は可能ですか(マニュアル等あればご提示ください)。(同6)

ク. 車両の水洗での除染は、スクリーニング場所(*)1か所当たり、1時間に何台できますか。自衛隊は何か所で、また全部で最大何台の車両を水洗で除染できる計画ですか。
*スクリーニング場所は現在12箇所とされている。(同7)

前回要求書の回答と合わせて、回答を2週間以内にお願いします。

連絡先 杉野ちせ子  840‐0844 佐賀市(以下省略)
       (電話番号,メールアドレス省略)

佐賀県に「原子力防災訓練に関する要求書」を提出

「さよなら原発!佐賀連絡会」は昨日、県庁に以下の「原子力防災訓練に関する要求書」を提出、消防防災課の副課長と1時間ほど話をしました。
以下がその要求書です。
対象としている県の文書はこちらです。
http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00366699/index.html
()の数字は、次の「訓練要領」の中の「訓練項目別実施要領」にある()の番号です。また、各文末のページ番号はこの「訓練要領」のページです。
http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00366699/3_66699_125611_up_5tixru78.pdf

------------

           2019年1月31日

佐賀県知事 山口 祥義 様

     さよなら原発!佐賀連絡会 代表 豊島 耕一

原子力防災訓練に関する要求書

 佐賀県は1月23日に平成30年度佐賀県原子力防災訓練実施要領を発表し、2月2日に原子力防災訓練が行われることになりました。私たちは、急遽これについて検討したところいくつかの問題点が見つかり、全く不十分と思わざるを得ません。
 知事が2017年4月24日玄海原発3,4号機の再稼働を容認されたので、2018年3月に3号機が、6月に4号機が再稼働しています。両機は原子力規制員会の審査は通っていますが、重大事故は起こらないとはどこにも書かれていません。先月配布された佐賀県の原子力防災の手引きの7ページには小さく「30キロ以遠にお住まいの方・・基準値以上の空間線量率が測定されれば避難(一時移転)」と記載されています。
 全佐賀県民を重大事故から守る責任が、佐賀県行政の責任者である知事にあります。
 2月2日の原子力防災訓練は参加組織も前回と比べて減少し、わずか半日で終了しますが、福島原発のような重大事故やそれ以上の事故の可能性を考えると、とりあえず次のような問題点を指摘したいと思います。
1.訓練項目別実施要領3(1)災害対策本部等設置運営訓練及び(2)緊急時通報連絡・情報伝達訓練は全県下が停電でも可能かどうかの検討が必要。(p.2, 10,11)
2.(3)気象情報提供訓練はSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)を利用しなければ放射能の拡散予測は困難。(p.12)
3.(4)ヘリテレ伝送システム等による情報収集訓練は、ヘリテレ伝送システムが悪天候等で使えない場合の代わりの方法の用意が必要。(p.13)
4.(5)緊急時モニタリング訓練は、結果がどのように県民の安全に生かされるのかが明確でない。(p.14)
5.(6)住民の屋内退避及び避難訓練は、避難時の渋滞、5キロ圏外の人も同時に避難開始でより混雑渋滞の可能性、急病人の発生、避難所の狭さ、飲用水、食料、寝具、トイレ、駐車場、福祉避難所の確保、避難の長期化(特に要援護者)等が検討されていない。避難者受け入れ先の全自治体も参加しての実際的な訓練になっていない。(p.17)
6.(11)屋内退避訓練は、放射線防護機能がない一般家屋では内部被ばくが避けられないことが無視されている。ヨウ素剤も配布されていない。屋内退避が長期化する場合、要援護者への支援等が不明。(p.30)
7.(12)原子力災害医療対策訓練の人のスクリーニングは、屋内で実施するべき。放射能で汚染された人や車両が多くなった場合の処置が想定されていない。汚染された衣服の着替え等も用意されない。(p.33)
8.(13)住民等に対する広報訓練は、停電や複合災害時はどこまで可能か検討の必要がある。(p.36)

9.(15)九州電力の原子力発電所における緊急時対策訓練では、大容量空冷式発電機の起動訓練が行われるが、起動しなかった場合の対策を訓練するべき。格納容器破損を防ぐための冷却水不足の場合の人による淡水池からの冷却水送水設備設置訓練や格納容器破損の場合の格納容器から漏れる放射能を放水法で確実に撃ち落せるかどうかの訓練を行う必要がある。
  県は九電に対して、想定される大事故で被害を原発敷地外に及ぼさないための訓練実施
を要求するべき。(p.42)

10.受け入れ先を明確にしたUPZ外の避難訓練、二次避難を想定した訓練も行う必要がある。

知事が2月2日に計画されたような訓練ではなく、重大事故が起こりうることを前提として県民の意見を反映した真剣な避難訓練を実施し、問題点を洗い出して県民に公表し、その対策を早急に取られることを要求します。
  原発の稼働を止めても使用済み核燃料等の放射性物質が原発敷地内に大量に存在する以上、避難計画そのものは必要ですが、重大事故の場合、県民を被ばくさせず避難させることは不可能ですし、県民は回復できない被害を受けることになります。知事は再稼働容認を撤回してください。

 1から9までについての県の見解と要求に対する回答を2週間以内にお願いします。回答まで何ヶ月もかかることのないようにお願いします

連絡先 杉野ちせ子  840‐0844 佐賀市xxxxx
     xxxxxxx xxx@xxxx
nice!(0) 

全国ニュースに佐賀県庁前アピールのシーンが

10月12日深夜のTBSニュース23が九電の太陽光電力の「出力制御」つまり受け入れ拒否の問題を報道しました.翌日からの土日は電力需要が少ないのに太陽光電力の量が多く,需給バランスが崩れ,そうなると停電の恐れがある.そのため太陽光電力の停止を求める,と言う九電に対して,止めるべきは原発だとの意見が放映されました.
その中で,佐賀連絡会の当日夕方の金曜アピールのシーンも流れました.ニュース画像をいくつかクリップします.
DSC_3157.jpg

続きを読む


nice!(0) 

原発電気不買を!

さよなら原発!佐賀連絡会は、原発電気の不買を呼びかけます。

Boycott Nuke-Addicted Companies !

こちらからPDFをダウンロードしてお使い下さい。(または、下の画像をクリックしてイメージデータを。)(1401577.gif10/8, PDF ファイル改訂)
boycottnukecompany.jpg boycottnukecompany2.jpg
(新電力の会社によっては、契約需要をカバーするために九電から買った電気で一部補っているところもあります。それでも「原発電気」の割合は大きく減らせます。)
nice!(0) 

県庁横金曜行動は9月21日から冬時間

毎週の佐賀県庁横,くすの栄橋での脱原発アピール行動,9月21日から冬時間です.
17時30分〜18時30分.
グーグルマップ →交通機関など →ストリートビュー
kusunosakae.jpg

佐賀県からの回答

佐賀県知事宛に5月14日に提出していた質問・要望書に対して,7月11日付けて回答がありました.とりあえずイメージデータのまま公表します.
http://ad9.org/blog/nuclear/y2018/sagakenkaitou180710.pdf
後日,文字として,またコメントも発表します.
1401577.gif7/24 余白を詰めるなどpdfファイルを20分の1に軽くしました.
質問項目1で求めた,九電からの報告の詳細はこちら.
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00361636/index.html

県庁横金曜行動は6月1日から夏時間

毎週の佐賀県庁横,くすの栄橋での脱原発アピール行動,6月1日から夏時間です.
18時〜19時.
グーグルマップ →交通機関など →ストリートビュー
kusunosakae.jpg
nice!(0) 

玄海原発4号機1次冷却水ポンプ異常に関する質問・要望書を県に提出

さよなら原発!佐賀連絡会は,次の質問・要望書を佐賀県知事に提出しました.
---------

        2018年5月14日

佐賀県知事 山口 祥義 様

           さよなら原発!佐賀連絡会

玄海原発4号機1次冷却水ポンプ異常に関する質問・要望書

原子炉の冷却に最も重要な一次冷却水ポンプの故障は大事故につながる可能性があります。今回、同時に2台故障しており、一次冷却水ポンプの構造的欠陥も疑われます。しかも、稼働中の3号機でも同じ部品が使われています。

3月23日の玄海原発3号機2次系配管からの蒸気漏れに続き、5月2日には検査中の4号機の一次冷却水ポンプの異常が見つかっています。過去には、玄海1号機では1999年1月29日に一次冷却水ポンプが稼働中に異常を来たし、原子炉が手動停止されています。
3号機での二次系配管からの蒸気漏れのような一見小さな故障でも、大事故につながる可能性があります。1979年のアメリカのスリーマイル島原発事故では、二次系のトラブルが引き金となって一次冷却水の喪失、メルトダウンの大事故になりました。
今回の場合は稼働前とは言え、一次系のトラブルです。一次冷却水ポンプの稼働中の故障は、最悪の展開としては次のようになることが考えられます。

続きを読む


nice!(0) 

金曜アピールは今週300回を迎えます

残念ながら玄海原発3号機は再稼働してしまいましたが、大事故が起こる前に止めたいものです。

2012年の7月13日から始めた金曜アピールは、今週(4月27日)300回になります。風雨や暑さ寒さに耐えて、常に参加者があり、私たちも県庁前の景色になじみ、いろんなことを感じ考えさせられて、今日を迎えています。

再稼働の中で、玄海原発の廃炉を求める声が、大きくなることを願うばかりです。
原発停止を望む皆様、どなたも是非ご参加ください。

   場所 佐賀県庁横 くすの栄橋
   時間 夕方5時30分から1時間ほど
   連絡先 杉野 090-5740-1441

グーグルマップ →交通機関など →ストリートビュー
strtviewkusunosakae.jpg
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。